• ホーム
  • 秋や冬は特に保湿ケアが必要

秋や冬は特に保湿ケアが必要

2019年07月02日
スキンケアをする女性

秋や冬は、特に保湿を重点的に行う必要があります。
秋や冬は夏と比べ、かなり湿度が低下してしまい、肌も乾燥しがちです。
実は肌が乾燥してしまうと、ただ単にカサカサするというトラブルだけでなく、何とバリア機能が低下する事もあるのです。

肌には天然のバリア機能が備わっています。
肌の表面には薄さ0・02mとかなり薄い角質が、ラップのように覆っています。
この角質がある事で、紫外線やほこりといった外からの刺激を、肌の中に与えないようにしているという点も特徴です。

また、バリア機能はダメージから肌を守るだけではなく、肌内部に維持している水分をキープするという役割も担っています。
しかし、秋や冬となり空気が乾燥してしまうと、まず肌の角質のキメが乱れます。
すると、キメが乱れた部分から外からの刺激が加わったり、水部が蒸発する事により、どんどんバリア機能が低下してしまうのです。
バリア機能が低くなると、ちょっとした刺激でも肌トラブルを起こしがちです。

肌の赤みや湿疹、またニキビもできやすいと言われています。
このような肌トラブルを防ぐ為にも、バリア機能を高める必要があると言えるでしょう。
バリア機能をアップするには、肌のキメを整える必要があります。
キメはしっかりと保湿する事で整う為、特に秋や冬は保湿を重視したスキンケアを行う必要性があるのです。

また、肌が乾燥していると紫外線からのダメ―ジを受けやすくなる為、シミも出来やすいと言われています。
秋や冬はヒアルロン酸やセラミドといった、保湿効果に優れた美容成分を含む、化粧水や美容液でスキンケアしてみましょう。
アルコールが含まれている商品は、さっぱりとした使い心地になりますが、アルコールが蒸発する時に肌の水分も奪ってしまうので、秋や冬はアルコールを配合していない商品がお勧めです。